【まとめ】カブトムシ飼育の「におい」の原因とその対策

カブトムシのにおい対策

子供が育てる昆虫の代表としてカブトムシが挙げられます。

カブトムシ飼育で問題となることの一つとして、その特徴的な「におい」があげられます。

クワガタと異なり、カブトムシはかなり強い「におい」に悩まされます。

決していい「におい」ではありません。

きりんママ

夏に息子がたくさんカブトムシをとってきて、家の中で飼育していました。飼い始めてすぐに「うわ…くさい…」となり、いろいろ対策しました。

カブトムシを持つ

カブトムシの「におい」を軽減するための方法をご紹介していきます。

この記事を読むと

カブトムシの「におい」の原因
カブトムシの「におい」の対策

がわかります。

目次

カブトムシの「におい」の原因は何?

カブトムシの「におい」の原因は

  • カブトムシの体の「におい」
  • カブトムシのエサの「におい」
  • カブトムシの排泄物の「におい」
  • カブトムシの飼育マットの「におい」

があげられます。

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

またその対策についてもご紹介していきます。

カブトムシと息子
カブトムシを見つめる息子です

カブトムシの体の「におい」

まずはカブトムシ自身が放つ「におい」があります。

異性を引き寄せるために放つフェロモンの「におい」です。

カブトムシ自身の匂いは、消すことができないので、消臭スプレーで対策することがお勧めです。

消臭と掃除に飼育マットに水分補給ができます。

毎日シュッシュとスプレーしてあげましょう

さらにこの消臭スプレーは、ライラックの香りが配合されているため、嫌な「におい」を消してくれます。

きりんママ

このスプレーに本当に助けられました。カブトムシ飼育時には、飼育マットの水分補給のために毎日スプレーで水をあげる必要がありますが、この消臭スプレーで変えるだけで「におい」が軽減されます。1本で2週間も、もつのもGoodです。

カブトムシのエサの「におい」

カブトムシのエサとして果物は絶対にNG(におい的に)です。

きりんママ

りんごやバナナはカブトムシも大好きなのですが、すぐに強い「におい」を放つようになってしまいます。

消臭ゼリーを買うようにしましょう。

ただのゼリーではなく、消臭タイプのゼリーは普通のゼリーのような甘ったるいにおいがせず、一日おいても全くくさくなりません。

created by Rinker
インセクトランド
¥980 (2022/10/01 15:33:20時点 Amazon調べ-詳細)

なお、カブトムシは食欲旺盛です。

一日でかなりの量のゼリーを食べてしまいます。

毎日ゼリーは変えてあげましょう。

毎日新しいゼリーをあげることも、「におい」対策の一つです

カブトムシの排泄物の「におい」

カブトムシの排泄物は液体状です。

うんちも液体です。

この排泄物を勢いよく吹っ飛ばします。

飼育マットや飼育ケースにもたくさん撒き散らします。

たまに飼育ケースを見て、茶色い汚れがついていたら、それはカブトムシの排泄物です。

濡らしたティッシュなどでこまめに拭いてあげましょう。

カブトムシの飼育マットの「におい」

飼育マットがなんだかくさい。

これは飼育マットに染み込んだ、カブトムシのおしっこや、エサの食べかすの匂いです。

飼育マットがくさくなってきたら、飼育マットを変えてあげるようにしましょう。

くさくなりづらい飼育マットも販売されているので、最初から消臭タイプのマットを敷いてあげることもおすすめです。

created by Rinker
マルカン
¥999 (2022/10/01 13:38:19時点 Amazon調べ-詳細)

匂いの有無に関わらず、飼育マットはおしっこや餌の食べかすで非常に汚れやすいです。

飼育マットは2週間程度を目安に交換しましょう

ただし、カブトムシのオスとメスを交尾させて、産卵させることを目的としているときには要注意です。

大きめのバケツなどに一度、土を全部出してみて卵や小さな幼虫がないことを確認します。

きりんママ

卵はわずか2〜5mmほど、1齢幼虫もたった5〜7mmほどです。

まとめ

カブトムシの「におい」対策をまとめると

・毎日消臭スプレーを欠かさない
・エサは消臭ゼリーをあげる
・餌のゼリーは毎日交換する
・飼育マットは消臭タイプを選ぶ
・飼育マットは少なくとも2週間に一回交換する

です。

この方法で、家の中でも問題なくカブトムシを飼うことができました。

カブトムシの飼育の際に、お役立ていただけたら幸いです。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる